better ・・

  • URLをコピーしました!
目次

経験と事情

こんにちは、Cherie*(シェリ)です。

Dear(ディア)ちゃんの 避妊手術 怒涛のように いろいろ調べたり、考えたりしました。

Leef(リーフ)の経験があったので 考えなければ・・ と 思っていましたが、
こんなに小さいうちに考えなければいけないとは 思ってもいなくて 💦
突然! 走り始めた感覚です。

避妊について

獣医さんのお話として、シンプルに 避妊手術の デメリットとメリットは・・

■ メリット

  1. 発情期のストレスを軽減
  2. 病気予防(乳腺腫瘍・子宮蓄膿症など)
  3. 予期せぬ妊娠を防ぐ

1. 発情期のストレスを軽減
今思うと Leef も 10歳前位から 発情期は 少し辛そうで ジーッとうずくまっていることも。
時々 発情期後の子宮の大きさが戻っていない! と 言われたこともありました。
それを思うと 病気と云う程ではないけれど 充分ストレスだったね。

2.病気予防(乳腺腫瘍・子宮蓄膿症など)
乳腺腫瘍の発生率を 0.01% 以下に出来るのが 生後6ヶ月以降初発情期前の避妊だそうで・・
だから こんな小さいうちにお話があるのだな~と 云うことですが、
正直 そこはピント来ていなかった。

■ デメリット

  1. 全身麻酔のリスク
  2. ホルモンの影響によるリスク(?)

1.全身麻酔のリスク
例えば 短頭種犬(フレンチブルドッグ、シーズー等)は 麻酔のリスクも高いなど、犬種 個体差によるものもあるので 手術前検査をしっかり行って 手術が可能か診ますとのこと。
麻酔のことは 検査もするので 元気な時に受けられるのはかえって安心だと思っていて。
只 まだ小さいのに・・ と 云う不安はありましたが、
知り合いの 超小型のティーカッププードルちゃんも 6ヶ月で手術を受けていて。

獣医の先生からは・・

ドクター
ドクター

Dear ちゃん
完璧です!

と、お墨付きをいただき。
なるほど! って感じ。

2.ホルモンの影響によるリスク(?)
卵巣を取ってしまうことで ホルモンのバランスが崩れるというのは 未知の世界ですが 不安!
??? のままです。

決めたのは

Coconut(ココナッツ)11歳と 一緒に暮らすこと。
Coconut くん、去勢手術は 受けています。
でも、Leef が 発情期の時は やはり心穏やかでは居られないようでしたから 😖
しつこく追っかけては Leef に怒られて!

腹腔鏡手術なこと
小さな穴2つ開けて 卵巣のみ摘出、日帰手術。
勝手な解釈ですが、病気でもないのに・・ という 我々の罪悪感を軽減してくれました。

決めたら 先延ばしにする理由は無いように感じたので。

Dear 6ヶ月 初めての麻酔で
避妊手術と マイクロチップ装着をいたしました。

Coconut くんと Dear の 幸せを願って 💕💕

ランキングに 参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ  人気ブログランキング・トイプードル

 

✨ランキングに参加しています

ぽちっとしていただけると嬉しいです!


   にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ    トイ・プードルランキング


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次